アトムシックスeのカーボン・オフセット

カーボン・オフセットとは?
なぜ温室効果ガスの削減なのか?
カーボン・オフセットの流れ
アトムシックスeでのカーボン・オフセット(オフセット対象について)
アトムシックスeでのカーボン・オフセット(使用するクレジットについて)
アトムシックスeのカーボン・オフセット認証



なぜ温室効果ガスの削減なのか?
近年、地球表面の大気や海洋の平均温度は上昇を示しており、これに伴う海水面(海面水位)の上昇や気象の変化が観測され、生態系や人類の活動への悪影響が懸念されています。この地球温暖化、特に20世紀後半の温暖化に関しては、人間の産業活動等に伴って排出された人為的な温室効果ガスが主因となって引き起こされているとする説が有力とされています。2007年2月には国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が発行した第4次評価報告書によって、人為的な温室効果ガス(二酸化炭素 (CO2)、メタン (CH4)、亜酸化窒素 (N2O)、ハイドロフルオロカーボン類 (HFCs)、パーフルオロカーボン類 (PFCs)、六フッ化硫黄 (SF6) )が温暖化の原因である確率は9割を超えると報告されており、これ以上の地球温暖化を防止するためには温室効果ガスの削減が急務となっております。


カーボン・オフセットの流れ
一般にカーボン・オフセットをする流れは前後を含め以下のようになります。
1. 特定の活動(省エネルギー活動など)によって、排出される温室効果ガスの量を自分ごととして捉え、認識し、削減する努力をする
2. 削減努力の結果、やむを得ず排出される温室効果ガスの量を算出する
3. 算出された温室効果ガスの量をオフセット(相殺)するために、植林・森林保護・クリーンエネルギー事業を実施する

 この一連の取り組みによって、温室効果ガスを見える形で認識し、温室効果ガスの削減を自ら主体的に実行していくことが、カーボン・オフセットの重要な意義となります。
 またカーボン・オフセットにより開発途上国で、温室効果ガスの吸収・削減事業に資金を提供することで、開発途上国への支援も同時に行うことができます。


アトムシックスeでのカーボン・オフセット(オフセット対象について)
 弊社のアトムシックスeのカーボン・オフセットでは、オフセットの対象としてアトムシックスを使用しました。アトムシックスは廃石膏や、高炉スラグを有効活用することにより、温室効果ガスの一つであるCO2の排出量を低減した製品です。本製品1トン当たりの製造時に発生するCO2排出量は第三者による分析の結果、368Kg-CO2と算出され一般軟弱土用セメント系固化材(自社で製造した場合)と比較して49%の低減を実現しました。アトムシックスeでは全量に相当する368kg-CO2/tのCO2排出枠をオフセットします。



 なお、排出量の算定は、下記のツール、データを使用しました。
 使用分析ツール:Simapro7.1
 使用データ:
 ・株式会社アドバンテック 07年12月〜08年2月実績データ
 ・事業者からの温室効果ガス排出量算定方法ガイドライン(環境省)
 ・平成18年の電気事業者別排出係数の公表について(環境省)
 ・セメントのLCIデータの概要2007年版(社 セメント協会)
 ・BUWAL (SAEFL:スイス環境庁発表データ)
 ・ETH-ESU(APME:ヨーロッパプラスチック生産者協会発表データ)


アトムシックスeでのカーボン・オフセット(使用するクレジットについて)
 オフセットに用いる排出枠は発行済み京都クレジット(CER)を使用し、出荷数量に応じた排出枠を事前に日本政府口座に移転又は取消口座に移転し、無効化します。なお、現在調達している450トンのクレジットは既に無効化しております。

 CO2排出枠の調達、管理、政府への償却手続きは株式会社リサイクルワンに委託しております。同社は第三者機関の「気候変動対策認証センター」が実施しているオフセットプロバイダーの取組を確認・公表する「あんしんプロバイダー」制度の参加事業者です。同社のカーボンオフセットWEBサイトはこちら。

 また出荷数量に応じて償却したCO2排出枠に対して調達元のプロジェクト内容を記載した証明書を弊社より発行しますので、確実にオフセットしたことを証明することができます。
 弊社発行の証明書のサンプルはこちら

 現時点での本商品のカーボン・オフセットに使用する排出枠は下記のプロジェクトから調達しています。
 ・アルゼンチン国パタゴニア地方風力発電プロジェクト 400トン(日本政府口座移転済)
 ・インドMAHARASHTRA・Kurkumbh 1.5MWバイオマス/バガス発電プロジェクト 50トン(取消口座移転済)

カーボン・オフセット認証
カーボン・オフセット認証とは、気候変動対策認証センターによるカーボン・オフセットの第三者認証制度のことです。を
詳細は。下記のページからご覧ください。
  http://www.4cj.org/label/

アトムシックスeのカーボン・オフセットは、本認証を有効期間:平成21(2009)年9月2日〜平成22(2010)年9月30日として取得していました。

4CJ-0900006
 カーボン・オフセットに係る第三者認証とは、気候変動対策認証センターが弊社等の事業者が企画・販売・提供するカーボン・オフセット商品並びにサービスに対して、カーボン・オフセットの仕組み、排出量の算定方法、排出枠の調達方法などを環境省の基準において審査し、信頼性を担保するものです。
認証された案件は、左の認証ラベルを利用することができます。